お気に入り追加ボタン

ブログについて

管理者:みこと
ものづくりとうさぎが大好きです♪
現在HPくりえいしょん-miは閉鎖中。

※ブログ記事の「続きを読む」を クリックしても続きが開かない時は それぞれの記事のタイトルを クリックしてください。

作品販売について

日々少しずつ制作した作品をハンドメイドマーケットminneにて販売しております。現在リクエストやオーダーは受け付けておりませんのでご了承ください。

ぬいぐるみの型紙について

当ブログで紹介しております ぬいぐるみの型紙の公開や配布は 一切行っておりません。
下の本はウサギのほかに イヌやクマ、ネコのぬいぐるみの 作り方が載っています。お勧めです↓(楽天ブックス)
【送料無料】はじめてのぬいぐるみ

【送料無料】はじめてのぬいぐるみ
価格:725円(税込、送料別)


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

タグリスト

月別 過去の記事

ブログ内検索

楽天ショッピング

刺繍ミシン紹介

楽天ショッピングの 刺繍ミシン関連商品を紹介したページです。興味のある方は
どうぞ のぞいてみて下さい(^∀^)

FC2カウンター

グーバーウォーク

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お菓子の紙パッケージ de ポーチ

お菓子のパッケージでポーチ1

お気に入りのお菓子の紙パッケージをビニール布っぽく加工してポーチを作りました。
はじめてにしてはなかなかの出来に満足(>∀・)b

加工と言っても手順は簡単♪
特別な材料は必要なし♪
(と言っても1つだけ特別な材料を使ってるけど代用は可能かもしれない?)

作り方を書いてみますが、自己流なのであしからず。
『真似したけど上手くいかなかった!』と言われても責任は取れませんので
大切なモノではやらないほうがいい
かもです。

沖縄土産のお菓子のハイチュウ。
5本セットで入っているこの紙パッケージを使って作りました。
お菓子のパッケージでポーチ2
紙パッケージと言っても表面はテカテカしていて、
水分をはじくようなコーティングがされている紙です。
水分を吸っちゃうようなただの紙ではうまくいくかは分かりません。


まずは折れ目のところをハサミで切ります。
これは箱状になっていたので、上下左右切り捨てます。
お菓子のパッケージでポーチ3
使う部分です↑

で、今回ビニール布っぽくするために必要な材料『テーブルクロス』です。
お菓子のパッケージでポーチ4
これは100円ショップダイソーで購入。
厚みがものすごく薄くて、約0.1㎜です。

このテーブルクロスを切り取った紙パッケージより少し大きめにカットします。
お菓子のパッケージでポーチ5
テーブルクロスのシワがひどかったらドライヤーの温風を当てると少し平らになりますが、
あとで一生懸命伸ばす工程があるのでその時にシワはある程度なくなると思います。

そして次に使うのがこれ『ケマージュ』という接着のり。
お菓子のパッケージでポーチ6
ケマージュの主な使われ方は、手洗い石鹸に紙ナプキンを張り付けて
デコレーション石鹸を作るときに使われるものだと私は認識しております。
『デコパージュ』で検索するといろいろ出てくるかも。私も詳しくは理解していません(゜∀゜;

見た目はボンドそっくり。ボンドより少し柔らかいくらい?
固まると透明になるところもボンドそっくり。
なのでもしかするとボンドでも今回のポーチが作れるかもしれませんが、それはまだ試してません。
デコパージュを知って興味があって買ったけど、
今まで一回も使っていなかったこのケマージュを使ってみたくて今回はこれでやりました。

作る工程に話を戻すと、このケマージュを筆で紙パッケージに塗っていきます。
印刷面のほうにまんべんなく薄~く。
筆の跡がボコボコするけど気にしない。
固まらないように手早く塗り広げていきます。

塗り終えたら、その上からテーブルクロスをかぶせて貼り付けます。
(ここらへん写真なくてすみません)
ただ張り付けただけだと空気やら筆のあとやらが残ってると思うので
テーブルクロスの上から定規(ものさし)で中心のほうから空気を追い出していきます。
この作業を文章でうまく説明できないのですが、
例えて言うなら家のガラス窓に遮光シートなどを張るときに付属の板で空気を追い出していくような…。
分かりますか?(;ω;)
まあそんな感じです。

ケマージュが固まらないうちに空気を追い出さないといけないので手早くやります。
テーブルクロスのシワもいっしょに伸ばして平らにしていきます。
この時塗りすぎたケマージュも一緒に外に追い出すことになります。
追い出されたケマージュが山盛りになってしまったら後々邪魔になるのでティッシュなどで拭っておきます。

空気を完全に追い出し、テーブルクロスと紙パッケージがぴったりくっついたら、
次に、塗ったケマージュが乾くのを待ちます。
どれくらいで乾くのかは…ちょっとわかりません。
空気に触れないと乾燥しにくいですからね。
私は一応次の日まで乾かしましたが、もっと早く乾いているかもしれないし、いないかもしれない…。

さて、ケマージュが乾いたら次に、テーブルクロスがくっついたまま
紙パッケージを水に濡らします。
紙パッケージの裏は水が染み込みやすい厚紙になっているのでここに水を染み込ませます。

容器とかに水を貼ってそこに沈めるといいかもしれません。
うちにはちょうどいい大きさの容器がなかったので、
しばらく流水に浸して、水にぬらしたキッチンペーパーをかぶせてしばらく放置しました。

10分くらいでしょうか。水に浸すのをやめます。
水が裏の厚紙に十分染み込んでいたら次の作業です。

裏の厚紙だけを表の紙パッケージからはがしていきます↓
お菓子のパッケージでポーチ7
もともとコーティングされている表の印刷面はそのままテーブルクロスにくっつき、
水分で柔らかくなった裏の厚紙だけがきれいにはがれるはずです。たぶん。

厚紙部分は、紙が何重にも重なっていたりするので、印刷面ができるだけ薄くなるように
厚紙を頑張ってはがしましょう。
指で裏をこするとポロポロと紙がはがれてきたりします。
でも、この時に気を付けなければならないのが「やりすぎ」です。
厚紙部分をはがすのをやりすぎると印刷面ごとガッとはがれてしまうことがぁ~。
やってしまいましたorz
加減がまだまだ難しいです。

で、裏の厚紙をはがし終えたら、しばらく放置して印刷面のほうを乾燥させて水分をなくします。
水分を飛ばしている間にでも次の準備です。
布を用意します。
紙パッケージよりも少し大きくなるくらいにカットしておきます。

そして、水分がなくなったら、再びケマージュの出番です。
厚紙がなくなった部分、印刷面の裏って言えばいいのかな?そこにケマージュを塗り、
先ほど用意した布を張り付けていきます。
お菓子のパッケージでポーチ8
写真だとケマージュの跡が灰色の縞々になっていますが、
たぶんもっと全体的に布に沁み込むくらいに
ケマージュを塗ったほうがいいのかなと思いますが、
まあなにぶん初めてのことなので…(>∀<;)ゞ

そして、これでビニール布っぽくする作業は終わりです。
この布?をポーチとして縫い合わせれば完成です!

今回はハイチュウのパッケージが2種類あったので、
ポーチの裏と表に別々の柄になるように作りました。
シークヮーサーとパイナップル。

しかし、このビニールっぽい布は紙からできているせいか
ポーチを作る過程で裏に合わせて縫って、表に布を変えそうとしたら
硬くてかたくて><
返し終わったら布がボコボコになってしまいましたよ(´∀`;)トホホ
表に返さないようにポーチを作るか、もしかしたら水に濡らせば柔らかくなるかもしれないけど…。
試していません。

ちなみに裏の厚紙をはがしているときに、やりすぎて印刷面がちょっとビリビリになってしまったところ↓
お菓子のパッケージでポーチ9
なんとか修正して遠目だと分からないくらいにはなったかな^^;


そんなこんなで、以上、紙パッケージをポーチにするやり方でした~(^∀^)ノ
説明下手なのでうまく伝わっているか心配ですが…。
あと最後にもう一度言いますが、このやり方で失敗しても責任は取れません
ご自分の責任で作業なさってくださいね。



ケマージュに興味がある方は、こちらもどうぞ。
デコパージュのこともいろいろ載っています。
楽天:eshopヤマックスさんのリンクへ飛びます。
 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

↓送信ボタンクリック後、最後に認証コード(画像で見える4桁の数字)を半角で記入してください。    不正アクセス防止のため、お手数ですがよろしくお願いしますm(_ _)m

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。