お気に入り追加ボタン

ブログについて

管理者:みこと
ものづくりとうさぎが大好きです♪
現在HPくりえいしょん-miは閉鎖中。

※ブログ記事の「続きを読む」を クリックしても続きが開かない時は それぞれの記事のタイトルを クリックしてください。

作品販売について

日々少しずつ制作した作品をハンドメイドマーケットminneにて販売しております。現在リクエストやオーダーは受け付けておりませんのでご了承ください。

ぬいぐるみの型紙について

当ブログで紹介しております ぬいぐるみの型紙の公開や配布は 一切行っておりません。
下の本はウサギのほかに イヌやクマ、ネコのぬいぐるみの 作り方が載っています。お勧めです↓(楽天ブックス)
【送料無料】はじめてのぬいぐるみ

【送料無料】はじめてのぬいぐるみ
価格:725円(税込、送料別)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

タグリスト

月別 過去の記事

ブログ内検索

楽天ショッピング

刺繍ミシン紹介

楽天ショッピングの 刺繍ミシン関連商品を紹介したページです。興味のある方は
どうぞ のぞいてみて下さい(^∀^)

FC2カウンター

グーバーウォーク

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシン 針板カバー取り外し

今回は 作品紹介ではありません。

最近、ミシンの使用時に 縫い目が飛んだことがあったので、
説明書の「困ったときに」を読んだところ
  ・上糸のセットが間違っている
  ・布地に糸や針が合っていない
  ・針が曲がっている。針先がつぶれている
  ・針の取り付け方が間違っている
  ・針板の下やかまに ほこりなどがたまっている
と、原因が書かれていました。

「上の4つの項目は大丈夫!」と思った私は
最後の項目の「ほこり~」に注目しました。

そういえば、ここ1年くらい 針板カバーの下なんて見ていませんでした。
(ミシンを買ったときにお店の人に「たまに掃除したほうがいいよ」と言われていたのに
そこで、針板カバーを外してみることにしました。

針板カバーとは、下糸をセットする“かま”がある箇所のフタのことです。
↓外したところ
針板カバー内1
間違って、送り歯部分のカバーも外してしまいました

そして、中を見て驚愕…。
ほこりだらけでした!
針糸カバー内2 内かま 取り外し

特に、かまを外した下に ものすごく ほこりがたまっていました。(写真:右
1年も ほおっておくとこんなにすごいのですね

思っていた以上のほこりを 綿棒や掃除機で取り除き、
再びミシンを掛けてみると……。

「おっ♪直ったかな♪ちゃんと縫えて……ない!?
そうなんです。
ある特定の箇所を縫うと、縫い目が飛ぶことに気づきました。
生地が厚い部分と薄い部分の境目です。
生地の厚さの差が 急な箇所があって、そこで目が飛んでいました。
「厚さの差が急」というのがポイントみたいです。
そして、今回縫っていた生地は硬かったのです。

その証拠に 普通の布の試し縫いで、
生地が厚くても一定の厚みならば 縫い目は飛びませんでした。

…なぜもっと早く気がつかなかったのか…。

しかし、このようなことがなければ
針板カバー下のほこりに気づくのがもっと遅かったと思います。
掃除が出来たのは、不幸中の幸い?


ただ、縫い目が飛ぶ原因はいろいろありますので
同じような悩みを持つ方がいれば、
やはり 専門家(お店の人)などに正しい解決法を聞いたほうが良いと思います
 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

↓送信ボタンクリック後、最後に認証コード(画像で見える4桁の数字)を半角で記入してください。    不正アクセス防止のため、お手数ですがよろしくお願いしますm(_ _)m

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。